NPO法人 Love&Safetyおおむら

Love&Safetyおおむら

BLOG|ブログ

ブログ

大村市でのチャイルドシート着用状況調査結果

2015.04.04(土)| category:チャイルドシート, ブログ, 研究調査結果報告


スライド1

 

4月4日にチャイルドシート着用状況調査結果の報告を行いました。

調査は2015年2月3日〜5日に行い、対象は大村市内の3つ保育園でした。

 

調査結果から、大村市3園のチャイルドシート着用率は、57%程度であることが明らかになりました。

一方、全国の調査ではチャイルドシート着用率は、60%程度であると報告されています。

チャイルドシートを使用しない理由として、「かわいそうだから」「赤ちゃんが嫌がるから」「同乗者が抱いてくれているから」「近所に出かける程度であれば、チャイルドシートは装着しなくても構わない」などのコメントがありました。

 

また、保護者の行動・意識に関したシートベルトの使用実態調査の結果から、約70%の子どもがチャイルドシートに乗せた時に嫌がることが分かりました。

そして、子どもが嫌がった時に約30%の保護者はチャイルドシートから降ろして発車することが分かりました。

 

チャイルドシートを使用した場合と比較し、使用していない場合は約3倍も死亡や重症になる確率が高くなります。お車での移動の際は、必ずチャイルドシートの使用をお願いします。

 

なお、6歳未満の子どもを自動車に乗せる時はチャイルドシートの使用が法律で義務付けられています。

copyright © Love&Safetyおおむら. All Rights Reserved.